大学教員が書いた就活・転職活動のお守り

就活ではトヨタ系企業をはじめとする一流企業への就職、転職ではサードドアを開けて新しいキャリアを開くことを目指して頂くサイトです。

50年後の世の中を想像すると視界が広がる

現時点の意識の中で突飛な発想をすることは難しい 色々なアイデアを出そうとするとき、自分では、視野を広く持っているつもりでも、その時点の自分が置かれた環境の中から世の中を眺めている状態になりますので、なかなか現状から脱する発想を持つことが難し…

見込み違いのことでも最後までやるべきか?

見込み違いは誰にでもある 何かに取り組み始めた場合に、当初の想定とは違った場合もあると思います。その場合、すぐにやめるべきかどうか考えることになると思います。これは、非常に難しい判断になると思います。その理由は様々です。 一つには、それを始…

マーケティング発想と自分のアイデンティティの関係を両立させることが成功に近づく秘訣

マーケティング発想は相手重視の発想 ・行動 マーケティング発想は、相手の「顕在化している需要」と「潜在的に持っているものの顕在化していない需要」に対して、商品やサービスを提供する発想です。そこに、自分の意思や想いなどは全く存在しません。これ…

「アイデアを考えること」と「知識をインプットすること」は全く違うこと

アイデアを出すこと=知識のインプット(調査)ではない 良くありがちな間違いとして、知識の大量インプットをすることが、アイデアの発想に繋がるという考え方です。知識というのは、他の人が研究や実践を行った結果のアウトプットなので、それを学ぶだけで…

新しい領域に足を踏み入れたことを実感した久しぶりの感覚

アドレナリンが強烈に出た時のひやりとした感覚 この記事が出る頃には、半年間前ぐらいのことになると思いますが、自分の専門分野である情報領域から一歩出たことによって、アドレナリンが強烈に出た時のひやりとした感覚を感じました。普段は、やる気が出て…

休むことも大切な仕事である

仕事や勉強に充実感を感じる時ほど定期的な休養を! 仕事や勉強にやる気があり充実感を感じる時は、休みを取ったりする必要を感じずに、没頭してしまうこともあると思います。もちろん、ある一定期間の時期にそうすることが、大きな成長に繋がり、人生を開く…

数学嫌いは致命的になる今後の世の中

数学も記憶中心の勉強であるので、実はそれ程難しくはない 数学嫌いの人にある勘違いとしては、数学は考える勉強領域なので難しいというものです。その為、数学は頭の良し悪しがダイレクトに影響する科目なので、自分には難しいと判断してしまう場合が多いの…

激変する社会の中を生き抜く方法

激変する社会の中を生き抜く方法 日本社会の中にいると停滞感があるので、世の中は変わっていないのではないかと錯覚することがありますが、世界の動向を見ると、激変していることが分かります。例えば、AIなどのテクノロジーの世界ですと、AIに対する教育を…

長期的な目的の設定と短期的な思考・行動様式の使い分けの重要性

長期的な目的の設定は最重要です 長期的な目的の設定は、人生において最重要といっても過言ではないと、私は思っています。しかしながら、明確に人生の目的を持っている人は、稀ではないでしょうか?私自身も、人生の過程の色々な段階で、人生の目的と思って…

熱が冷めていく時にはあまり無理をしない

熱が冷めていく場合には理由がある 私自身にも時々あることではありますが、それまでエネルギーを注いでいたことに対して、急に興味がなくなり、やる気を失ってしまうことがあります。目的思考、つまり、明確に目的を定めてから、それを達成する方向に集中し…

プロフェッショナルへ一直線の勉強とは?

記憶と理解は相乗効果をもたらす 詰め込み勉強を批判する風潮もありますが、ある面で詰め込みを行わないと理解が進みません。学校の勉強でも、社会人になってからの勉強でも全く同じことです。また、理論と実践の場合でも、理論をある程度理解しないで実践し…

アウトプットを意識して大量にインプットを続けるだけでよい

アウトプットを意識することが大切 大量にインプットを行う場合、アウトプットを明確に意識して、必要なインプットをしていくことでモティベーションが高くなるので、そうした方がよいです。何の目的もないと、結局継続ができないので、線香花火のような勉強…

1日1時間の勉強で持続的な成長を!

何歳になっても勉強することが好奇心を保つことになる 30歳を超える頃になると、成長を続ける人と停滞をするひとに分かれてくると思います。その大きな要因の一つとして、好奇心を持っているか・失われてきているかがあります。好奇心は、成長の源泉だと思…

自分の経験を異なる環境で発揮する

今の環境での自分の経験は当たり前だが、異なる環境だと重宝されることも 今の職場で当たり前のように働いていると、それまでの経験が当たり前のように思えて自分には何の特徴もないのだと思いがちだと思いますが、決してそんなことはありません。世の中には…

どこまで細かく実施すべきかを見抜くことが仕事の本質かもしれない

大雑把で終わらすといい加減だし、細かすぎると木を見て森を見ずになる 仕事を最初に始める時、期限があるために時間に制限があるので、なるべく本質と思う所を見抜いて、大まかな方針を立てて進めていくことになります。これをやらないと、全ての事柄を調べ…

社会人になってからの勉強程面白いものはない

勉強が嫌いなのは試験の結果ばかり気にするから 学生時代の勉強は、常に採点されて、正解以外のものは不正解となり、正解数に基づいて最終得点が計算されて順位が出ます。これは、基礎的な物事の概念を自分にインストールする作業なので、ある意味仕方がない…

目的のはっきりした研修を受講することで物事の本質を意識して学ぶ

研修の目的はスキルの向上だけではない 社会人になると、何もしないと学ぶ機会が少なくなり、目の前の仕事に追われていると、仕事の範疇の学びしかなくなってしまいがちです。特に若い世代の場合は自分がプレイヤーとなる仕事ばかりなので、多くの時間を費や…

転機には良いこともそうでないことも同時に起こる場合がある

転機には物事や人間関係が入れ替わる? 自分の人生において変化を起こす場合には、実施する事柄や人間関係が入れ替わってくることになります。それは、それまでに属していたコミュニティとは違う所に足を踏み入れるので、必然的に起こる変化です。 自分の知…

DXは必ずしもAIを使った自動化ではなくてもよい

DXという言葉に踊らされない方がよい DXというと、データサイエンス(統計学)とそれを実現するAIにばかり焦点があたっていますが、それが、全てという訳ではありません。IT関連のベンダーにとっては、インパクトがあり、商談に繋がりやすいので、それを前面…

自分のモティベーション管理を行って自律型人材への脱却

モティベーション管理を自分で行う フォローワー人材の特徴の一つとして、自分の外部の要因によって、モティベーションが左右されやすいという傾向があると思います。外部の要因によって、モティベーションが上がったり、下がったりするので、波が大きくなる…

事業やサービスの創出が文系人材の主要業務になっていく

AIによる人間の代替えは衝撃的な速度で進んでいる 例えば、病院の診断でAIの技術が試験的に使われ始めている様子で、テレビで見たことがありますが、コロナ禍によって、それは大幅に加速している印象です。つい最近まで、遠隔での医療診断すらできなった状況…

そのうち3つの仕事を持つことも普通の時代となる??

1つの会社で定年まで働くことが稀な時代となる 現在のような激動の時代において、1つの会社で定年まで働くことが稀な時代となっていくと思われます。これは、ジョブ型の雇用が普及すると、ある意味、自然な流れともいえると思います。 個人個人で得意不得意…

状況の思わしくない時ほどチャレンジの時です

状況の思わしくない時の不安感に負けないことが大切 状況が思わしくない時には、「これ以上悪化しないように余計なことはしない。」という思考に陥りがちですが、あまりよくない考え方であると思います。もちろん、不安な気持ちで回りが見えない状態で行動し…

学生という意識を無くしてチャレンジする必要がある

新卒 一括採用が段々となくなる可能性もある ジョブ型の制度が企業に広まっていくと、新卒一括採用の制度は段々と無くなっていく可能性があります。ジョブ型の制度は、基本的に即戦力採用なので、経験を積んだ分野での採用となります。 したがいまして、未経…

感情に左右されない判断・行動のススメ

浪花節からの脱却 浪花節的な考え方も、人間として良い点でもあるとは思います。しかしながら、いつまでのその考え方だけでは、成長がなく、物事を達成していける能力を獲得することはできません。その理由は、浪花節的な考え方だけだと、自分自身の成長が導…

チャレンジ人材の希少性

保証のない状況でチャレンジする人は稀な存在 特に日本人の場合は、保証のない状態の場合に、自分発で行動していくことが出来ないタイプの人が非常に多いです。これは、もともと日本人が農耕民族であり、先を見据えて行動するタイプが多いという理由もあると…

相互に関係することを並列で複数実施することのススメ

複数の事を同時並列で行う科学反応が起きる 1つのことをコツコツとやることは、非常に重要なことだと思います。特に、新しいことを始める場合は、このプロセスは必須です。逃げ場がないので、途中に諦めてしまったり、しんどくてやめてしまったりしたくこと…

就活時に大企業か中小企業に迷う時の考え方

就活時にやりたいことは必ずしも本気ではない 本当の意味での社会経験がない人が、社会に出て仕事を選ぶことは、本当は、非常に難しいことです。アルバイトなどで働いている場合でも、それは、責任を持たなくてよい働き方なので、社会経験とはいいがたいのが…

仕事とプライベートの区別を付けない状態が結局は最良の人生に繋がる可能性が高くなる

仕事を楽しんでやっている人は仕事とプライベートという概念がない 多くの会社員の方は、自分の意に沿わない仕事もやらなくてはならないので、仕事を義務と考えて、効率化をして楽にすることに焦点が当たりがちです。その気持ちは、よく分かります。 しかし…

自燃型の0→1人材に出会うことが非常にまれなこと

自分発で行動してみると自燃型の人材に出会う確率の低さを実感する 自分でビジョンを描いて行動を行ってみると、相対的な価値観の中で試行・行動する人が圧倒的に多いことに気が付きます。それは、裏を返せば、それまで自分自身が、完全には、自分発で行動し…