大学教員が書いた就活・転職活動のお守り

就活ではトヨタ系企業をはじめとする一流企業への就職、転職ではサードドアを開けて新しいキャリアを開くことを目指して頂くサイトです。

プロティアン研究会に参加してみて感じたこと

プロティアンは、キャリアを発展させるためのフレームワーク? まだほんの少しだけの情報を見ただけの段階ですが、プロティアンは、自分のキャリアを開くときに参考にすることが出来るフレームワークのようなものかと思いました。 元々がアメリカの方でまと…

10月19日からブログの更新日を月曜日・木曜日の週2回の更新とさせて頂きます。

就活本番前の準備作業を丁寧にすることで忙しい生活に慣れて就活本番に臨む

就活で一番重要なポイントはエントリーシートを中心とした書類選考 就活本番のプロセスは、会社説明会→筆記試験・書類選考→面接(最終面接までの複数回) という流れになります。この中で、最も重要なポイントは、書類選考の通過率で、その中でもエントリーシ…

就活をチャレンジと考えると事前準備を進めやすい

チャレンジ思考の方が実は楽です 前回も少し書かせて頂きましたが、チャレンジ思考の方が実は気楽だったりします。現状維持の「守り」の思考になる場合には、少ないチャンスを確実にものにしていく思考・行動になっていきますので、「失敗できない」という意…

就活で満足いく結果が出なくてもチャンスはいくらでもある

就活が人生を決めることにはならない 新卒の就活は、社会人になった後の10年間くらいは影響があるのは確かだと思います。入社してその会社で働き続けるという思考でいる場合には、とても大きな影響があるのは事実です。 しかしながら、現在の世の中の状況…

就活の時に考慮したいのは長期的に自分の人生をどうしたいかという点です

就活の本番期になると、とにかく早く内定が欲しくなる 就活の本番期になると、当然ではありますが、まず、最初の内定を早く欲しいという気持ちになってきます。私が指導する学生の皆さんを見ていても、そう痛感します。これは無理もありません。 就活は未経…

就活では先輩の体験談を参考にすると不安が和らぎリラックスできるようになります

未知の領域へのチャレンジは誰もが不安感を持っている 就活に限らず、どんなにメンタルが強い人でも、自分にとって未知の領域へのチャレンジは不安なものだと思います。しかしながら、その不安は、自分が作り出している部分もありますので、その部分は早期に…

物事の結果を待つ時間は次なるチェレンジを起こす時

物事の結果を待つことは心身のエネルギーを消耗する 例えば就活の選考結果の連絡など、自分にとって大きな影響が出てくる結果を待つ場合は、心身のエネルギーを消耗しますよね。影響が大きければ大きい程、その度合いは大きくなります。私も何度も経験があり…

継続が必要か必要でないかは二者択一ではない

継続は必要であるかどうか 一般的に言って、日本の場合は、「継続」は良いこととされると思います。私も基本的には、そう思います。自分の好きなことを行っている時には、継続は苦にならないと言われますが、人間ですのでそうではない時もありますよね。そう…

相手の立場になって考えると相手の要望が見えてくる

学生の頃は自分主体であるが社会人として働く場面では真逆の立場になる 学生から社会人に変わる時、一番の大きな価値観の変化は、自分の中心の発想から相手主体の発想に切り替えなければならないということです。これは、社会人として働く場面で、必ず強く意…

今の仕事の中で自由度を高くして目的を達成することが出来れば一番です

成果の対価として自由度が高くなる 会社などの組織の中で自由度を高くするとはどういうことかと言いますと、自分の企画などの提案が通り、自分で決めた仕事が増える状態のことです。組織で働いているので、成果を問われて責任が発生するのは他の仕事と同じで…

自分の能力開発の過程でオリジナリティを追求するのは必要なこと

仕事の場面ではオリジナリティがなくてもよい場合が多い キャリアを積んで行く過程で、「オリジナリティ」という言葉に憧れを持ち、それを追求する思考を持つ人もいるでしょう。仕事の内容によって、例えば、大学で働くアカデミックの世界の研究者の場合は、…

目的を実現するためには「効果」を意識するとよい

効率と効果の違い 「効率」と「効果」は一文字違いですが、全く内容は異なります。効率は、ある目的を出来るだけ少ない工数・手順で達成するプロセスのありかたのことです。プロセスのありかたなので、目的ではありません。 効率が良いことは、ある面では非…

来年度の就活に向けて考えるべき重要ポイント

基本的な3つの要素(読む・書く・話す)を高めるのが基本 就活は、基本的には、読む・書く・話す の3つが一定水準を超える状況になれば、ある程度の会社には、かならず合格していきます。これは、私の就職指導の経験として体感していることです。 これは、…

自分の立ち位置を考えることで新しい展開が待っている

自分の立ち位置とはどういうことか? 同じ職種の仕事をしていても、会社が違ったり、働く業界が違ったりすることで、上手くいったり、いかなかったりすることが十分あり得ます。場合によっては、働く土地(大都市・地方・外国)が変わることでも、大きく結果…